卒業生は現在(いま)

Haruna Myodo

明道 春奈
Haruna Myodo

小学校教諭

博士課程前期(カリキュラム開発専修)修了
2015年3月

JOB
現在の仕事内容

「算数できひん、もういやや。」「◯◯くんとケンカした。」「眠たい、今日朝ごはん食べてない。」

学生生活を終え、いざ小学校現場に出てみると、楽しいこと、嬉しいことも勿論たくさんありますが、問題にぶつかってばかりの毎日です。モチベーションが保てなかったり、自分のふがいなさに涙が出たりすることもあります。それでも、子どもたちと共に歩む幸せを感じながら,少しずつ子どもたちや同僚の先生方と目の前の壁を乗り越えていっています。

「ユーザーではなく、メーカーであれ。」

これは、教職高度化プログラムの先生がおっしゃっていた言葉で、私の仕事での座右の銘です。既にある教材等をそのまま使って授業する「ユーザー」の教員ではなく、目の前の子どもたちのために深く研究して教材等を開発していく「メーカー」としての教員であれ、という意味です。

そこで、「少なくとも年に1回は公開授業や実践発表をする」という目標を設定し、自分から発信する機会を毎年どこかで設けています。これまで、校内研修や、県、地方大会での実践発表の機会をいただきました。また、学会発表をしたり他県の小学校に授業を観察しに行ったりもしています。このようなことに前向きに取り組むことができるのは、大学院生活で色々なことに挑戦して失敗したり成功したりする経験を積めたからだと思います。

これからも、これまでお世話になった方々への「感謝」の気持ちを忘れずに、子ども一人一人と真摯に向き合いながら、子どもが伸び伸びと自己表現できる楽しい授業を開発・実践し続けていきたいです。

MEMORY
学生時代の思い出

6年間の学生生活の中で、特に密度が濃かったのが大学院での2年間です。この2年間で、たくさんの素晴らしい「先生」と出会い学べたことが、私の「先生」としての基礎となっています。

【目標となった現場の「先生」】

大学院では、教職高度化プログラムを選択し、1年目は附属東雲小、2年目は東広島市内の公立小で、2人の先生方のもと計4回の実習をさせていただきました。先生方に常にくっついて仕事ぶりを目の当たりにし、「担任」「音楽専科」としてのそれぞれの役割や子どもとの関わり方を学ぶ中で、2人の先生は、私にとっての目標となりました。今でも時折「◯◯先生なら、こうしているかな」と、先生方の姿を思い出しては、仕事に向き合っています。

【大学院での2人の「先生」】

そして、2人の恩師との出会いが,私の世界を大きく広げてくれました。先生方に幅広い学会やイベントへいざなってもらい、全国に旅をしました。例えば、日本民俗音楽学会で秋田県に行きました。掛け合い歌大会に夜通し参加し、掛け合い歌の楽しさや、歌の授業についての視座を得ただけではなく、他大学の学生・先生方との繋がりを広げることもできました。他にも、京都府でのCreative Music Festivalや、広島現代美術館の企画展コンサートなどに参加して、即興演奏を通じて様々なミュージシャンと出会いました。多くの人々と出会い、未知の発想に衝撃を受けたり、新たな感じ方や価値観に心揺さぶられたり……このような経験は、大学院に進学したからこそできたことだったと、社会人となった今、改めて痛感しています。

MESSAGE
在学生へのメッセージ

「大学生は、時間はあるが、お金がない。社会人は、お金はあるが、時間がない。」これは、私が大学生のころ、卒業した先輩によく言われた言葉です。最近、まさにその通りだなと痛感しています。

毎日毎日、自分の思うように時間を使える学生時代は、本当に貴重なものです。ぜひ、失敗をおそれず、いろいろなことに積極的にチャレンジしてください。
また、そのときに、一方向だけを見て突っ走るのではなく、いろいろな角度から物事や人をとらえて、考えることを大切にして欲しいと思います。

遠い奈良から、広島で頑張るみなさんを応援しています。

■Name: Haruna Myodo

■Profession: Elementary school teacher

■Graduated in March 2015(Master’s Program,Curriculum and Instruction Development Major)

【Current Job Description】

“I can’t do arithmetic operations, so I give up.” “I have been fighting with ◯◯ .” “I am sleepy; I have not eaten breakfast today.”

When I finished my student life, and went to elementary school, I found that work there is full of fun things while also having problems every day. Even though sometimes I have been brought to tears because I could not keep the students motivated, I feel happy spending time with the children. I am always trying to overcome any difficulties with my students and my colleagues.

“Being a manufacturer, not a user.”

This is what my teacher in the Professional Development Program for Teachers and School Leaders told us. It is also my motto at work. It means that we should not be teachers who just use prepared teaching materials; we must become teachers who make new teaching materials to suit the requirements of our students.

Therefore, I set a goal “to make public classes and practical presentations at least once a year” and to seek opportunities for asserting myself every year. Until now, I have had opportunities to participate in in-school training and to give practical presentations at both prefectural and local competitions. I have also given presentations at academic conferences and have gone to elementary schools in other prefectures to observe lessons. I think that it is because I have experienced both failure and success through challenging myself with various things in graduate school that I can positively approach such experiences.

I will continue to develop and practice fun lessons that allow children to branch out and express themselves while considering each child seriously, without forgetting my feeling of “gratitude” to those who have helped me to get where I am.

このホームページ掲載されている情報は、記事を作成した時点のものです。勤務先・役職等は変わる場合があります。
当HPの文章の無断引用・転載、画像の無断使用は禁止です。