卒業生は現在(いま)

Azusa Goto

後藤 あずさ
Azusa Goto

公務員

教育学系コース 卒業
2017年3月

JOB
現在の仕事内容

私は2017年3月に教育学系コースを卒業し、現在は厚生労働省岐阜労働局総務課で職員の共済組合の管理等、総務関係の仕事をしています。労働局とは労働基準監督署やハローワーク(公共職業安定所)を管轄している厚生労働省の地方機関であり、いわゆる「働き方改革」を地方の最前線で推進する役割も担っています。

一年目に配属されたハローワークでは、所内の総務関係の仕事をする傍ら、失業保険の受給のために来所された方の職業相談業務にも携わりました。求職者によって仕事の能力も求める条件も違う中で、限られた求人からその人にとってベストな仕事を見つけるというのは至難の業です。なかなか思うような仕事がないと話す求職者の方を相手にしている時は、自分に専門的な知識や技術が乏しいことに歯痒い思いもしました。それでも言葉を交わす中で、少しでも仕事を探すことに前向きになってもらえたことが感じられると、未熟な自分でも仕事を探している人の力になれたかもしれない、と嬉しく思えます。

「サービス行政」とも言われる労働局での仕事の中には難しさもある一方で、国としての施策と国民の皆様をつなぐ行政の第一線で仕事ができることはとても魅力的だと感じています。幸いなことに、新人を暖かく見守り、育てて下さる上司や先輩方にも恵まれています。これから数多くの業務を経験する中で、労働行政のエキスパートとして、地域の人々にとっての「働く」ということを支える存在になっていきたいと思います。

MEMORY
学生時代の思い出

やりたいことをやってきた学生生活だったな、と感じています。広島発祥という言葉に惹かれて入ったエスキーテニス部も、STARTプログラムを使ったベトナムへの短期留学も、自分でやってみたいな、と思ったことには素直に従ってきた4年間でした。途中で壁にぶつかってしまうこともありましたが、立ち止まり悩んだ時間も含めて、自分自身を大きく成長させてくれた経験だと思っています。

また、たくさんの出会いの中で個性豊かな友人たちにも恵まれました。興味のある分野は違っても、それぞれに打ち込むもののある友人たちの姿を見ていると、自然と自分も頑張ろうと思えました。誰かの部屋に寄り集まって、真面目な話から下らない話まで好き勝手に喋り尽くしたことが、今となっては懐かしく思い出されます。

MESSAGE
在学生へのメッセージ

人生は選択の連続である、とはよく言いますが、大学時代はまさにその選択の幅が人生の中で一番広い時期ではないかと思います。学問でも課外活動でも、選択肢の多さにどうしようかと立ち止まってしまうこともあるかもしれません。そんな時は自分の知的好奇心に耳を澄ませ、それに素直に従ってほしいと思います。

自分にとっての充実した日々というのは自分でしか決められません。限られた時間ではありますが、その密度・濃度は自分でどこまででも変えることができます。自分の可能性をどこまででも探究する、そんな学生生活を送ってみてはいかがでしょうか。

■Name: Azusa Goto

■Profession: Civil servant

■Graduated in March 2017 (Program in Educational Studies)

【Current Job Description】

I graduated from the Program in Educational Studies in March of 2017 and am currently working at the General Affairs Division of the Gifu Labor Bureau, Ministry of Health, in Labor and Welfare. I am in charge of such general affairs as the management of the mutual aid association staff. The Labor Bureau is a local agency of the Ministry of Health, Labor and Welfare, which has jurisdiction over the Labor Standards Inspection Office and Hello Work (a Public Employment Security Office), and also plays a role in promoting the so-called “working way reform” at the forefront of rural areas.

In my first year, I was assigned to Hello Work. While working on the affairs of the office, I also worked in employment counseling for those who came to receive unemployment insurance. While the conditions and job abilities are different between the job seekers, finding the best job for that person based on a limited recruitment pool is a difficult task. Sometimes, when I was working with job seekers saying that there was not much work they found satisfying, I was caught having weak professional knowledge and skills. Nevertheless, sometimes I thought they gained a positive perspective through talking with me, and even though I was immature, I felt happy to become a motivating power for those looking for work.

While there are difficulties with my job at the Labor Bureau, which is also called “service administration,” I feel happy that I can work in the front lines of administration, linking the people with our national policy. Fortunately, my superiors and seniors watch over me warmly and teach me a lot. As I continue to gain experience in doing a variety of work, I would like to become an expert in labor administration and support “working” for local people.

このホームページ掲載されている情報は、記事を作成した時点のものです。勤務先・役職等は変わる場合があります。
当HPの文章の無断引用・転載、画像の無断使用は禁止です。