卒業生は現在(いま)

Toshihito Miura

三浦 利仁
Toshihito Miura

中学校教諭(技術科)
【洲本市立由良中学校(兵庫県:淡路島)】

博士課程前期(技術・情報教育学専修)修了
2014年3月

JOB
現在の仕事内容

2014年に博士課程前期(技術・情報教育学専修)を修了し、現在は兵庫県の淡路島にある洲本市立由良中学校で技術科教諭として勤務しております。人懐っこい生徒に囲まれ、授業や部活動、学校生活を共に楽しく過ごしています。どの学年も単学級という小規模校の利点を生かし、様々な授業実践にチャレンジできています。

技術科の授業は、教師の工夫次第で様々な授業を展開することができます。また,学習指導要領が改訂される度に、教授する内容も変わってくるのも特徴です。現代の子どもにどのような力を付けさせてあげるべきなのかを理解し、そのためにどのような教材を使用し、授業を展開するべきかを考える必要があります。毎年同じ授業を繰り返すのではなく、今求められている技術教育を学びながら、少しずつ改良していくのが技術科教諭の使命だと思っています。県や地区で行われる研究会などに出向くなどして、教える側も日々研鑚を積むように心がけています。今でも、大学の指導教員から教材などのサポートを受けて、日々の授業実践を考えられるのがありがたいです。

工夫・創造を凝らしながらものづくりに取り組ませることは、簡単ではありませんが、作品が完成し、達成感に溢れた生徒の顔を見ることや、「技術の授業が面白かった」と言ってもらえることを励みにして、日々の授業づくりに取り組んでいます。

MEMORY
学生時代の思い出

明石工業高等専門学校を卒業後、広島大学教育学部に編入学し、その後大学院へと進学しました。学生生活に馴染めるかという不安もありましたが、周りの友人に温かく迎え入れてもらい、充実した4年間を送ることができました。

部活動では、準硬式野球部に所属していました。活動期間は短かったですが、野球を通して今でも付き合いがある大切な友人を得ることができました。また、長期休みには,富士登山や、東南アジア周遊旅、ホノルルマラソン出場など、学生時代にしかできない貴重な体験をしたことが良き思い出です。

卒業・修士論文では、指導教員のご指導の下で研究に取り組みました。様々な学会での発表の場を与えていただいたり、論文の投稿にチャレンジさせていただくなど、自分の力量を高める良い経験をさせていただきました。

MESSAGE
在学生へのメッセージ

学生時代に、自分が専攻している教科を学ぶ意義を深く理解し、子どもたちにどのような力を育まなければならないかということをしっかり学んだ上で教壇に立つと、より素晴らしい授業実践ができると思います。

学業や部活動、様々なことに時間をかけてチャレンジできるのは、大学生の特権だと思います。研究では、上手くいくことばかりではありませんでしたが、この時に身に付けた知識や技能は、今でもしっかり生かされています。

私自身「やるなら今しかねえ」を合言葉に、学生時代にしかできない様々なことに取り組みました。皆さんも限られた貴重な時間を有意義に使って、充実した学生生活を送ってください。

■Name:Toshihito Miura 

■Profession:Junior high school tech teacher

■Graduated in March 2014(Master’s Program,Technology and Information Education Major)

 

【Current Job Description】

I graduated from the Graduate School of Education in 2014 and am currently working as a teaching tech at a junior high school in Hyogo prefecture. I am surrounded by amicable students and having fun together with classes, club activities, and school life. Taking advantage of the small school, I am able to experiment with various lesson methods.

In Department of Engineering, the development of various classes depends largely on the teacher’s ingenuity. Also, each time the policy of the country changes, the content needing to be taught also changes. It is necessary to understand what kind of power should be given to the current generation of students and to think about what kind of teaching materials to use and how to develop lessons. Rather than repeating the same class every year, I believe that it is the duty of a teacher of engineering to gradually improve their lessons while learning current technical education techniques without being asked to. I participate in a study group held in the prefecture and the local area, and I try to accumulate my daily work. However, I still appreciate receiving support from teachers at my university, such as teaching materials and discussions about day-to-day class practice.

It is not easy getting students to tackle manufacturing. However, when I see the sense of accomplishment on the faces of students who have completed their work and when they tell me “Today’s class was fun”, I am encouraged to continue working on developing daily lessons.

このホームページ掲載されている情報は、記事を作成した時点のものです。勤務先・役職等は変わる場合があります。
当HPの文章の無断引用・転載、画像の無断使用は禁止です。